一犬猫病院(いち)いぬねこびょういん

大阪市北区長柄西2丁目8−18メゾンエルミタージュ1F

9:00〜19:30(金曜/木曜は17:00まで)

避妊去勢手術について

TNR ご予定の方は、必ず、数日前にご予約をお願いいたします。

前日や当日は、予約がいっぱいの場合、お受けできないときがあります。

捕獲できなかったときは、当日の朝にキャンセルしていただければ大丈夫です。

 

お外のネコちゃんは、麻酔をかけずに採血をすることができませんので、手術前血液検査はできません。ご了承くださいませ。麻酔をかけた後の一般血液検査やウィルス検査も承ります。受付時にお申し付けください。

(TNRは獣医師の手術前問診はありません)

 

わんちゃんを保護されている方へ

役所から譲渡を目的として犬を引き出し保護されている方、わんちゃんを拾って保護されている方には料金の割引がございます。

詳しくはお問い合わせください。(条件があります)

 

送迎は基本として大阪市内の方を対象としております。こちらから

不妊去勢手術についてのご注意とお願い

当院では、不妊去勢手術を通して、適正な繁殖を推進し、「殺処分されるためにうまれてくる命」を減らすために、低料金での犬・猫の不妊去勢手術をおこなっております。

しかし、低料金=簡単な処置ではなく、あくまでも体にメスを入れる「手術」です。 どんなに獣医師が熟練していたとしても、体質によるアレルギー反応や、縫合部分の化膿を100%防止することは不可能です。

特に、TNR(お外の猫ちゃんの手術)では、縫合部分を舐めることで炎症がおこったりすることや、キズ口が開いてしまうこと、それによる化膿などのリスクが飼い猫よりも圧倒的に高くなります。

もともと体に付着している細菌も多く、たとえ手術後保護したとしても、キズの適切な管理ができなければ、手術の縫合部分が化膿するリスクは高くなります。それは、縫合する方法を変えても、からだにキズをつけている以上、避けられないリスクで、キズの大きい小さいにも関係はありません。

飼い猫や飼い犬でもキズや正常な皮膚には常に細菌が存在しています。消毒薬を使用し一時的に細菌数が減ったとしても、すぐ細菌は繁殖し元の状態に戻ってしまいます。皮膚を無菌にすることは、ほぼできません。

犬や猫でも、血が止まりにくい、キズが治りにくい体質や病気があり、それが手術前の検査で分かることもあります。しかし、お外の猫には、手術前の検査を行わないことが多く、また、手術前検査を行ったとしてもすべてのことがわかるわけではありません。栄養失調もキズが治りにくい原因になります。

人間でも、入院しているにもかかわらず、キズ口が開いてしまうこともありますし、化膿止めの抗生物質でアレルギーをおこしてしまうこともあります。

また、キズがジュクジュクしている場合でも、それは、化膿しているのではなく、キズを治そうとしている細胞の成分であることがあります。手術の縫合部分(キズ)では、あまり目立ったジュクジュクになることはありませんが、まれにスリキズの治りかけのようにジュクジュクが目立つ場合もあります。

もちろん、ほとんどの場合は、なんの問題もないことの方が多いのですが、手術というのは、このように、いろいろなことが起こる可能性をはらんでいます。

手術後に猫ちゃんやワンちゃんの状態に異常や疑問を感じた方は、すぐに病院に相談してください。

TNR不妊去勢手術料金(税別)

メス 6,000円 オス4,000円

※ノミ取り薬が別途必要です

大阪市の所有者不明猫適正管理事業(町ねこ事業)、公園ねこサポーター制度を応援します。

 

どうぶつ基金・さくらねこ無料不妊手術事業協力病院

人にも動物にも優しい社会を

TNR

Trap/Neuter/Return/

捕まえて・手術して・元の場所に帰す

そして、一代限りの命をみんなで見守る

一犬猫病院では、「殺処分されるために生まれてくる小さな命」を なくすための猫のTNR の応援と保護犬の応援を積極的に行って おります。

手術をしたネコちゃんの耳にはV字に切り込みを入れて、管理されているネコちゃんであるという印にします

提携愛護団体) どうぶつ基金  おおさかねこネット  おおさかねこの会

大阪市の所有者不明猫適正管理事業・公園ねこサポーター制度を応援しています

supported by 山口獣医科病院

<< copyright©2015 ICHI Dog&Cat CLINIC all rights reserved. >>

一犬猫病院(いち)いぬねこびょういん

一犬猫病院 06-6809-6630

大阪市北区長柄西2丁目8-18

一犬猫病院(いち)いぬねこびょういん