一犬猫病院(いち)いぬねこびょういん

大阪市北区長柄西2丁目8−18メゾンエルミタージュ1F

9:00〜19:30(金曜/木曜は17:00まで)

名誉院長:山口武雄(山口獣医科病院/神奈川県)

院  長:玉泉寛樹

     平成18年 日本大学生物資源学部 獣医学科卒業

     月会S会員 WJVFなどのセミナーに積極的に参加しています

外部検査機関のキャンペーンを利用した、血液検査による健康診断もおこなっています。

院内案内/設備案内はこちらから

人とわんちゃんとネコちゃんが健康に快適に生活できるように、手助けをしたいと思っています。

診療に際しては、飼い主さん、保護主さんと相談しながらわんちゃんとネコちゃんにとっての最善を目指します。

動物医療を通じて、地域社会と環境へ貢献し、人と動物の共生できる優しい社会を目指します。

お外の子も、おうちの子も楽しく生活できる社会を目指して、保護活動やTNR活動(お外で生活するネコちゃんを避妊手術して元の場所に戻し、一代限り生を地域で見守る活動)を応援しています。

<TNR・保護ネコ・保護イヌの不妊去勢手術は割引がございます>

わんちゃん・ねこちゃんの殺処分ゼロを目指す活動を応援しています。

お外の猫ちゃんや、保護ワンちゃんの避妊去勢手術や診療をボランティア料金で行っています。

いつもそばにいる飼い主さんがおかしいな? と感じたら、治療が必要な病気がどうかはともかく、やはり、どこか調子がわるいことは間違いないのではないかと思います。

こんなことくらいで病院に行くのは大げさかな? と思わずに、早めに、獣医師の診察を受けることをおすすめします。

その時は結果的に、治療の必要が無く様子を見ることになったとしても、獣医師とこまめにコミュニケーションをとり、体調を見守ることは、いざというとき役に立ちますし、飼い主さんご自身の治療に対しての考え方にあった動物病院を見つけることにもつながります。また、健康診断などで決まった病院に通うことで、わんちゃん・猫ちゃんがその病院やスタッフに慣れて、治療をうけやすくなることもあります。

しゃべることのできない大切な家族の為に、飼い主さんが、相談のしやすい「かかりつけ病院」を見つけておきましょう。

殺処分ゼロを目指す活動を応援しています

提携愛護団体) どうぶつ基金  おおさかねこネット  おおさかねこの会

大阪市の所有者不明猫適正管理事業・公園ねこサポーター制度を応援しています

supported by 山口獣医科病院

<< copyright©2015 ICHI Dog&Cat CLINIC all rights reserved. >>

一犬猫病院(いち)いぬねこびょういん

一犬猫病院 06-6809-6630

大阪市北区長柄西2丁目8-18

一犬猫病院(いち)いぬねこびょういん